即日融資の文字

街中には、いろんな日本語が溢れていますよね。
オーストラリアに留学したのは、学生の頃でした。
日本に帰ってからも、英語の勉強を続けたいと思ってたのに、日本には英語を使う習慣がありません。
日本語を話す国なんだから、当たり前なんですけど。
そのときに、日本には本当に日本語が溢れてるなあと思ったんです。

英語の勉強はその後も続けました。
でも、英会話教室へ行っても、日本人の犯しやすい発音のミスを承知してくれてる先生ばかり。
英語初心者としては、ありがたいと感じるべきところです。
しかし、それでは本当の英語の勉強にはならないと感じていました。

本場へ行けば、日本語訛りの発音であれば通用しませんよね。
ちゃんと発音しないと、意味が通じないことは多々あります。
そこを練習できないと、バイリンガルの方とお話して学費を払う意味がないと思うんです。
英会話教室の帰りに、街中に溢れている日本語をまじまじ眺めて思うことがありました。

例えば、即日融資という言葉は駅前でよく見かけます。
実際に利用したことのある人って、どれくらいいるのかなっていう素朴な疑問です。
そう考えると、もしかしたらあまり意味のないような広告もあるんじゃないのかなって思ったんです。